オープン工業環境ビジョン


 ■基本理念

オープン工業株式会社は、創業以来「私たちのモットー」として継承されている「役立つ商品を造ろう」という企業目的に基づき、「地球との調和」を人類共通の最重要課題のひとつであると認識し、自らの責任において地球環境保全に取り組み、この課題解決に全社員が英知を結集し、全社をあげて行動する。


 ■環境方針

1.環境経営
  環境と経営を同軸とする「環境経営」に努め、社会から愛され、存続を望まれる企業を目指します。地球環境保全のための社会に対する責任を果たすために、環境負荷低減目標を設定し、『いま、私にできること』から一歩ずつ全員参加で継続的改善に取り組みます。
2.法遵守
  環境側面に適用される法規・条例・協定および同意するその他の要求事項はもとより、当社が定める自主基準を遵守します。
3.重点テーマ
  当社が行う事業活動が環境に与える影響のなかで、次の項目を重点テーマとして取り組む。
@製品開発への取り組み
明日のオフィス環境を地球環境とともに考え、環境配慮型製品の開発を推進していきます。
  A省資源・リサイクル
循環型社会の実現に向けて、出来る限り資源の有効利用を図り、利用の抑制(リデュース)・再利用(リユース)・再生利用(リサイクル)に取り組みます。
  B省エネ・温暖化防止
地球温暖化防止のために、温室効果ガス(CO2の出量)削減に努めます。
  C汚染予防
製品生産時に使用される環境影響化学物質の削減と、確実な管理により環境汚染の予防に努めます。
4.情報開示・コミュニケーション
  環境教育・ポスターなどにより従業員および関連従事者にこの環境方針を周知させ、理解と意識向上を図る。また積極的に環境情報を開示し、社外一般とのコミュニケーションを図り、環境保全活動に活かします。
2007年12月6日

オープン工業株式会社
代表取締役社長 小笠原 康夫